アーリーリリース撲滅プログラム 実践レビュー

常住充隆の解説動画を見るにはこちら

常住プロがアーリーリリースの対策法を解説している動画を見たい方は下記のリンク先へどうぞ

 

 

骨盤の正しい動きがアーリーリリース矯正の鍵です

実はアドレス時には骨盤も前傾しています。背骨だけで前傾をつくってはいけません。骨盤は背骨と連結、運動していますので腰を回すとか、腰を切るなどのイメージで腰を回した時点で、無意識に骨盤が水平になってしまうため連動している体が起き上がってしまいます。プロゴルファーはインパクトまで絶対に骨盤を水平にはしません。インパクト前に骨盤が起きてしまうということは嫌でも、背骨も起き上ってしまうということが理解して頂けたとおもいます。
ということは腰は回したり切るのではなくインパクトまでは前傾と同じ角度で斜め上に骨盤を回してあげるのが正解です。このことは体ではできているのですが仕組みを理解して出来ているプロゴルファーも実は少ないんです。骨盤の正しい動きができないゴルファーは無意識に体の軸がズレ、体の支店が起き上り、その反動でトゥダウンという現象が起こりアーリーリリースになってしまいます。アーリーリリースと深いつながりがあるトゥーダウンとはシャフトが、通常のしなりとは逆で、重力の作用で下にしなってしまいます。

 

ただ一つ言える事は「体で覚えようが、頭で覚えようが、この動きを体得していなければプロゴルファーには絶対なれません。シングルゴルファーになるのも至難の業です。

 

更新履歴
page top